公立七日市病院

リハビリテーション広域支援センター

公立富岡総合病院

平成26年4月1日より 「療養通所介護事業所」を開設いたしました。
また、「訪問看護ステーション」「居宅介護支援事務所」「療養通所介護事業所」
3事業を合わせて、『富岡地域医療事務組合 在宅医療支援センター』と改め新たに開始しております。今後も在宅医療の充実に邁進していきたいと思います。

訪問看護とは

訪問看護とは、自宅で療養されている方、通院が出来ない方のところへ、かかりつけの医師の指示を受け看護師が伺い、その病状に応じた必要な看護を提供することです。訪問看護師が、ご本人ご家族と話し合い、かかりつけの医師と連絡をとりながら、看護サービスを提供します。

訪問看護

 

業務案内・営業時間

お申し込みは、かかりつけの医師に相談するか、ステーションに直接お申し込みください。又は担当のケアマネージャーに申し出てください。

営業時間・休診日

※土・日曜日・祝日及び12月29日~1月3日までは、休ませていただきます。ただし、緊急時、必用に応じ対応します。

 

訪問看護サービスの内容

訪問看護師が、ご本人ご家族と話し合い、かかりつけの医師と連絡をとりながら、看護サービスを提供します。

※当ステーションでは、24時間対応の体制をとっており、緊急の際の夜間・休日の訪問もいたします。
※また、居宅介護支援事業所も併設しておりますので、介護保険サービスについての相談・紹介も行なっております。

 

利用料の案内

介護保険利用料

※組合の区域(富岡市・甘楽町)以外の方に訪問看護を行なった場合、交通費として1回につき1,000円(税別)いただきます。
※その他訪問看護に必要な用品及び処置は、実費相当額がかかる場合もあります。

 

居宅介護支援事業所

ご依頼に応じて、介護を必要とされる方が自宅で適切なサービスを利用できるよう、ケアマネージャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、ご利用者やご家族の希望等にそってケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、さまざまな介護サービスの連絡・調整などを行います。